経営の悩みや不安を一緒に解決する相談所『経営の駅』 高槻経営コンサルタント

youtube動画集客は効果があるのか?



youtube動画集客は正直ムズカシイ!


 

こんにちは。

大阪で精肉の小売店を運営しながら、

中小企業、個人店舗の経営コンサルタント、アドバイザーを

させていただいております布川理久です。

最近ネット集客で必須だ!

といわれているのが「youtube」です。

 

いまやコンサルタントを名乗る人たちは

ほぼ全員必要だと豪語していますが、

果たして本当に効果はあるのでしょうか?

 

あなたが何か分からない事を調べる時に

ネットで検索をして、

その話題に対して、役に立ちそうだと思ったら

そのサイトをクリックして情報を得ます。

 

その時に検索結果の中にyoutube動画があれば

その動画を見ることもあると思います。

 

しかし、検索結果で出てくるほとんどは

動画ではなく、記事スタイルや、

ホームページが多く、

情報を得る過半数は動画ではありません。

 

youtube動画で情報を得たい時は

直接youtubeの検索エンジンにキーワードを入力し、

そのほしい情報に見合った動画を見る

ってケースの方が多いですよね?

 

その時に、あなたは何かしらの困っている事を

解決したいって気持ちでネットで検索をしています。

 

あるいはただただ暇つぶしで

ネットサーフィンをしていて、

気になるタイトルがあった時に

その動画を再生するって感じですよね?

 

そんなスタンスの視聴者に

あなたのお店を前面に出して

集客を促しても、その視聴者は

あなたのお店を利用しようという気になるでしょうか?

 

おそらくほぼあり得ないです。

 

よっぽどそのサービスに飢えている人なら

可能性はあるかと思いますが、

ほとんどの目的は先ほど言ったようなシチュエーションなので、

あまり期待はできないです。

 

 

その情報、ただの自慢ですよ


 

経営コンサルタントがクライアントにレクチャーしている事や

安いセミナーなんかでレクチャーしている事の内容で

「動画集客」って言葉を使っている人の

ほとんどが、

本人自体できていない事が多いのです。

 

再生回数が何万って付いている人や

チャンネル登録者が3000人、4000人って人は

それなりの効果を出せるチャンネルを運営しているでしょう。

 

ですが、数百回やチャンネル登録者数も数十人、数百人って人は

おそらく新規がほぼおらず、

自分が抱えているクライアントがそのほとんどだと思います。

 

なので説得力が全く無いですよね?

だって、動画で集客しなさいって事は、

未だに利用した事のない人に対して

情報を発信し、

何らかの興味を持ってもらう事が目的です。

 

しかし、当の本人が新規を獲得できていない。

だから、チャンネル登録者数も一向に増えず、

過去の動画の再生回数もまったく上がりません。

井の中の蛙状態です。。。

 

簡単に流行の言葉のように「動画集客」って言いますが、

実はかなり難しいっていうのが現状です。

 

 

コンサルしか知らないから効果なし!!


 

コンサルタントの動画や、そういったハウツー系の動画って

見た事ありますか?

 

ほとんどが、ビジネスに関係のあるノウハウを提供している動画なのですが、

これって、自分が普段クライアント相手にやっているサービスと

まったく同じ事をカメラに向かって話しているんです。

 

その内容を少し薄くして、これ以上先は

コンサルタント契約をしてくださいって感じです。

 

これはコンサルタントならではの動画集客です。

 

ちょっと解りにくいかもしれませんので

考えながら読んでください。

 

コンサルタントは自分の商品そのものを

動画に納めれば、それで集客は見込めます。

 

ですが、例えば美容師が髪を切っているところや、

パーマを巻いているところを動画でアップしても

誰もお店に行こうとも思わないです。

っていうよりも、誰もその動画自体を観ようとしません。

 

例えば会計士。

会計士が自分の経験を活かして、

お客様に儲かってほしいから

経営術をレクチャーする動画を公開するなら

需要はあります。

 

しかし、会計士が会計しているところをアップしても

誰が興味あるんですか?

 

おそらくその業界の人以外興味は無いと思います。

 

でも、その業界の人が観たからといって、

その人が顧客になる事は考えられません。

意味わかっていただけるでしょうか?

 

コンサルの情報提供は

その動画の内容自体と業務が直結しているから

集客の可能性がありますが、

店舗ビジネスをしていて、

その商品やサービスをそのまま動画にアップしたところで

興味がある人なんてごくわずかなのです。

 

しかも、まず観てくれないって事の方が問題です。

 

だからコンサルや、学者がセミナーなんかで豪語しているのは

自分の感覚で話しているから

何の役にも立たないのです。

 

観てもらえる=集客は別物


 

そしたら、商品を作っているところや、

サービスを提供しているところ以外の動画をアップしたとします。

 

たとえばあなたの業界の裏事情チャンネルや、

あなたの私生活で行なっている事を話題にした動画など。

 

これだと動画を観てくれる視聴者は増える可能性は高くなります。

 

ですが、あなたのその動画を観て

「よし!このお店に絶対行こう!」

とはなりにくいのです。

 

あなたのアップした動画に求めている事と

あなたのお店自体の商売に直結させる事が

かなり難しいからです。

 

ちょっとややこしい話なので

わかりにくいかもしれませんが、

ようするに、

全国的に無名の人が店舗ビジネスをやっていて

動画で集客するって事は至難の業って事です。

 

わたしは何故youtubeをしているのか?


 

そんなわたしもyoutubeはやっています。

 

でも、youtubeしている目的が集客ではないからです!

 

わたしがあなたにyoutubeをしてくださいと言う時の理由は

「ブランディング力」のためです。

 

あなたのお店を何らかの形で知り、

その人があなたのホームページにやってくる。

そこにyoutubeチャンネルがリンクされていれ

その動画を観る。

 

そして後日。

チラシなどで集客を募り

そのお客さんが来店した時に

「あっ!この人前にyoutubeで見た人だ!」

ってなるんです。

 

これが目的です。

お客さんからすれば初対面の意識が無いのです。

 

こうやって壁を1つ取り除いて、

よりサービスを利用しやすいようにするための手段で使っています。

 

ですから、わたしはあなたに動画集客はすすめません。

 

youtubeでブランディングを図ってください!

と言います。

 

なので、動画マーケティングをする際は

あらかじめ集客を目的にせず、

ブランディングだと思って取り組んでください。

 

また、youtubeに関するノウハウ記事を紹介しますので

お楽しみに♪

 

布川理久でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です