経営の悩みや不安を一緒に解決する相談所『経営の駅』 高槻経営コンサルタント

リピーターの増やし方はメールの内容で決まる!



メール配信はある意味最強!?


 

こんにちは、大阪で中小、個人店舗の経営アドバイザーを

させていただいております布川理久です。

あなたはお客さんがもう一度来店するために

なにかしらの対策はしていますか?

 

【メール配信対策動画はこちら↓】

先日も再来店対策のお話をさせていただきました。

 

その内容が「ハガキDM」を使うというお話。

 

ハガキって手紙のイメージが強いので、

店舗からのセールスレターという印象が格段に和らぎます。

 

あなたもそうだと思うのですが、

誰だって売り込まれるのは好きじゃありません。

 

なのに、あからさまに『お店からのDMですよ~』

っていうモノが届いたら、あなたならどうしますか?

 

いくら有益な情報が書いてあったとしても、

売り込みの内容じゃなかったとしても、

受け取った側はセールスレターだと認識してしまい、

そのままゴミ箱へダイブさせます。

 

これではせっかく作ったDMが、

読まれもしないって悲しくないですか?

 

最低でも読まれなければ

あなたが言いたいことは1㍉も伝わりません。

 

だから、セールスレターだと思われないように

官製ハガキを使って、

お客さんにお手紙を送るというニュアンスで

ハガキDMを作るのです。

 

そうすると、自然とハガキを読んでもらい、

来店きっかけを作り出せるのです。

 

ですが、再来店対策はハガキDM以外にも方法はあります。

 

それが今回お話しする

【メール配信対策】です

 

メール配信の利点


メール配信はある意味最強と言いました。

それは何ゆえにかといいますと・・・

 

費用対効果がバツグンに良い!

ってことです。

 

何と言っても費用がかかっていません。

実質ゼロ円です!!

 

電気代とかインターネット接続費など、

細かい事を言い出すときりはありませんが、

その情報を作る、発信するという事に関しては

完全に費用がかかりません。

 

あとは、リアルタイムな情報を発信できる!

ってことです。

その日のその時間、そのエリアで起こっている状況を

その状況に合わせて発信できる!

これが何と言ってもすばらしいのです!!

 

「こんなに好条件ならこれだけでも良いんじゃないの?」

って思われるかもしれませんが、

やっぱり世の中そんなに甘くないんです。。。

 

 

メール配信にもデメリットがある


 

そんな都合のいい事ばかりじゃないんです。

 

では実際にどんな事がデメリットになるのかというと

 

  • 開封率が悪い
  • セールス色が強い
  • ルールを継続しなければいけない

 

こういったデメリットがあります。

 

あなたのスマホやパソコンなどにも

どこかのお店や企業からのメールは多少に関わらず来ていると思います。

それらを邪魔だと思ったら迷惑メール対策をしますよね?

迷惑メール対策まではしていなくても、

そのお店や企業からきたメールって

全部読んでいますか?

 

おそらく読んでいる方はかなり少ないと思います。

 

これってなぜでしょうか?

 

ハガキDMの時と一緒で、

セールス色が強いから、何かを売り込まれているって意識なんです!

 

そんなセールスをいちいちちゃんと読んだりしません。

よっぽどタイムリーな商品やサービスの時だけですよね?

 

だから開封すらしてもらえません。

 

あともう一つ。

メール配信をする際はある程度のルール化が必要です。

あなたがメールを送るときに、

時間がバラバだったり、送ったり送らなかったり・・・

これでは、あなたのお店自体の印象があまりよくありません。

 

適当な時に、適当な時間に送ると、

受け取り側は内容に興味を示さなくなります。

 

こうなってしまっては、集客どころか

離反につながってしまいます。

 

 

メール配信の目的を理解しよう!


 

そもそもなぜお客さんというのは再来店をしないのか・・・

 

それは〝あなたのお店の存在を忘れている〟でしたよね。

 

だから、メール配信というのは

『忘れる事を防止する』

って事に特化させるべきツールなのです!

 

あなたのお店を毎日思い出してもらうキッカケ作りをする!

 

それが「メール配信対策」です。

 

先ほども言ったとおり、

お客さんというのは売り込まれるのが大嫌いです。

だから、売り込まないメールを配信する。

 

例えば

あなたが作った独自のオリジナル占いコーナーや、

生活に役立つ豆知識などを紹介するなど、

販売とはかけ離れた内容でかまいません。

むしろそっちの方が警戒心がなくなり、

あなたのお店の印象は良くなっていきます!

 

普段生活をしている中で、テレビやパソコンなどで

いろんなCMが流れています。

 

あなたが携帯を変えようと思った時、

どんな携帯にしようか考え、

頭の中にノミネートされる携帯って

3つか4つだと思います。

しかも、ほとんどがiphoneだったりXperiaなどの

メジャーな携帯。

でも、現在携帯ってかなり種類が販売されています。

 

そんなたくさんある携帯をあなたはどれくらい認知していますか?

 

これは、普段の生活で接触している量が多ければ多いほど

無意識のうちに認識しているって事です。

 

 

重要なのは接触頻度


 

これって携帯以外でも、

車、住宅、印刷会社、飲食店、スーパーなど、

どのジャンルでも共通していることなのです。

 

あなたが普段目にしているCM。

あれを見て「これ買おう!」

って決断しますか?

よっぽど必要じゃない限りその買い方はしません。

 

でもあなたが、いざ印刷をするぞ!

ってなった時に、印刷会社をさがす。

その時スマホやパソコンで探そうって思って

インターネットで検索をする。

 

その検索の際にノミネートされなければ

あなたの商品が売れる可能性はゼロって事です!

 

この『ノミネートされる』為に

普段から接触しておく必要があるって事です。

 

あなたが車の整備工場を探していたとしたら、

あなたの街の車整備会社を探します。

 

そんな時に、毎日メールが飛んできている

車整備会社を真っ先にノミネートする可能性はかなり高くなります。

 

もちろん、これだけで即来店とは限りません。

その後何軒か見積もりをとってから

納得のいく所へ車を預けます。

 

ですが、ノミネートされている事が

かなり重要になってきます!

 

メールだけをやる。

ハガキだけをやる。

 

これでは話になりません。

 

どちらもやって初めて効果が得られます。

 

目的が全く違うからです!

 

ハガキは行動を促すキッカケ作り。

メールは普段の生活での接触。

 

このように理解していれば、

どのような内容でアプローチすれば良いかが解ってくるんじゃないでしょうか。

 

やってもいないコンサルタント・・・


「DMを送りましょう!」「メールを配信しましょう!」

などと行動だけをさせるコンサルがいますが

はっきり言ってこういった人は何の参考にもなりません。

 

こういった人は自分でやる環境にない為、

真剣に意味を理解していないからです。

 

実際に自分で商いをして、

どんな動きをお客さんがするかを解ってないから、

巷で言われている情報をただただスピーカーのように

言っているだけの〝エセアドバイザー〟。

こんな浅いノウハウをやっても

実際に結果はほとんど出ません。

 

お客さんっていうのは

どんな行動をして、

どんな事で判断をし、

どんな事が刺さるのか。

 

実際にお客さんと触れ合わないと絶対に理解なんて

できませんよね。

 

偉そうに上から言ってくる

やった事もないコンサルの言うことは

所詮卓上の空論ってやつです。

 

「自分で一回やってみろ!!」

って言いたくなるお気持ち、すごくわかります!

 

だから、メールの本当の使い方って

わかっているコンサルがめっちゃ少ないのです。

ほぼ売り込みメールを作れ!って言います。

 

実際そんな事をすれば、まずあなたのお店は嫌われますので

絶対にしてはいけませんよ!

 

メールはあなたのお店を思い出させるキッカケにすぎない。

これを理解していただければ十分です。

 

こうやってあなたも再来店誘導名人になってくださいね!

 

布川理久でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です