経営の悩みや不安を一緒に解決する相談所『経営の駅』 高槻経営コンサルタント

店舗経営の勉強の方法がいまいちわからないあなたへ


 

こんにちは。

経営の駅【マネージメントステーション】のフナさんです。

 

 

ビジネスの情報を獲得するには?     

 

あなたがビジネスを継続、維持、発展させるためには、その時その時に適した情報を収集し、正しい方法で行なうことが大切ですよね?

 

その方法を日々学んでいると思うのですが(たまに全く勉強をしていない人もいますが・・・)

その情報って、ある程度どこから集めているかって決まってませんか?

 

ある人は、決まった日時に開催される地区のコミュニティ勉強会だったり、

地元の商工会の勉強会、商工会主催のセミナー、

あとは、ビジネス専門の会員クラブに登録や、コンサルタントに直接依頼したり、

中には完全独学で、本とネットの情報を自分で構築していくって人も・・・

 

このように、いろんな方法でビジネスの情報を手にする事ができます。

実際わたしのブログもそのうちの一つですよね。

何かのヒントや考え方、刺激を求めて情報に触れているわけです。

 

でも、こういった情報を提供している側の人たちって、その情報をどのように獲得しているのか?考えたことありますか?

まさか、みんな自分の脳みそのアイデアと知識を100%振り絞ってやっているなんて思ってませんよね?

こんな事が出来る人はきっとテレビに出ている人になっているでしょう。

 

みなさんもご存知のあの経営の異端児こと『ホリエモン』なんかは典型的な例ですね。

他にも何人か天才的な頭脳で、独自に開拓しまくった理論が日々湧き出てくる人というのはいるのですが、基本的にはそういった人は極わずか。

たいていはみんな、「何かの元ネタ」を軸に情報を提供しています。

 

そうです!

その元ネタがわかればそんな人たちって必要ないんですよ!

 

 情報提供者のネタ元って?

 

わたしは仕事上、一日に有料・無料メルマガあわせて50通以上を受信しています。

その内容は、すべてビジネスに関わるメルマガのみです。

『生きる知恵』とか『金融系メルマガ』はこの中には含まれず、すべてビジネスに関連したメルマガ。

 

そんなメルマガを読んでいるとおもしろい現象が起こります。

ある日たとえば、「キャッチコピーで消費者を一気にひきつける方法」みたいなメルマガが来たかと思えば、その週に他の配信者からも同じようなメルマガが。。。

そんな良く似た内容のメルマガが、その近隣日にたくさん配信されたりします。

 

これって、元ネタが同じだから、同じような内容が、同じようなタイミングで何通も来るってことです。

その元ネタであろうところの情報を見てみると、やっぱりありました!

「反応率30%以上の脅威のキャッチコピー!そのノウハウを完全公開!!」という情報が。

 

またあるメルマガでは、「人のモチベーションを下げずに叱る方法とそのマインド」的な内容だと思ったら、その翌日にはまた別の人3人から同じようなメルマガが届きました。

これも元ネタがかぶっているって事ですね。

 

だいたい一回内容とタイミングが被った人たちは、その後もほとんど良く似た内容と、よく似たタイミングで送ってきます(笑)

 

このように、販促系のマーケティングノウハウの元ネタや、自己啓発系の元ネタ、開業・起業系の元ネタっていうのはだいたい決まったところから収集していることが多いのです。

 

 

プロが元ネタにする情報3選

 

たとえば販促系のマーケティング術なんかは、中小・個人向けの情報であれば大抵が、

【ダン・ケネディ】が元ネタです。

【ダイレクト・レスポンス・マーケティング】という方法をベースに、お客様に対してのアプローチの方法を紐解いていくというのが中身です。

これを主に扱っているのが『ダイレクト出版』さん。

 

この『ダイレクト出版』さんが行なっている有料・無料の情報を元に、世の先生といわれる方々は自分の顧客に伝えているっていう構図です。

 

みんなこれを言うと否定しますが、そりゃそうですよね。認めたら終わっちゃいますから。

実際にあるコンサルタントの人に、「それ、ダイレクトさんが全部無料で公開していた情報ですね」って言ったら、「それだけは他の人には言わないで!」って懇願されました。(笑)

 

他にも自己啓発系の元ネタになっているのは、最近勢い爆発中の【東京鴨頭ランド】さん。

 

代表を務める鴨頭さんが、もともとマクドナルドのトップ社員として実績を残し、そのときの経験や、現在の活動、家族が基になる話などを軸に、自己啓発を促すといった講演家。

その熱い話口調と、信じられないエピソードや、巧みな例え話などの話し方をテーマにしたスクールも展開しており、その門下生や、個別指導した方たちが、たくさん情報発信をしているため、似通った内容が多くなってしまうんですね。

 

でも、スクールの生徒や門下生とは関係なく、鴨頭さんの理論や考え方、心構えなんかを参考にしている人は増えているように思います。なので、この手の情報の元ネタになってきていると言っても過言ではないと思います。

 

続いて起業・開業といった内容の元ネタになっているのが、【ランチェスター・弱者の戦略】が多いですね。どうすれば成功確率を上げる事ができるのか!といったシンプルな議題に対して、理解しやすい戦術で、『わかりやすく・伝えやすい』内容といった理由で、多くのコンサルタントや士業の人たちが使うノウハウです。

 

このように、情報の源流はそんなに多くなく、けっこう簡単に元ネタにたどり着けちゃうんです。

ぜひあなたも、これからの勉強の参考にしてみてはいかがですか?

 

ちなみにわたしの元ネタは、ミクロ経済学・ゲーム理論・行動心理学の3つを軸にしています。

ご興味があれば学んでみてください!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です