経営の悩みや不安を一緒に解決する相談所『経営の駅』 高槻経営コンサルタント

あなたが本当に必要な情報とは?


 

こんにちは。大阪で小規模・個人店舗経営アドバイザーを

させていただいております布川理久です。


投資の考え方

 


わたしの店舗コーチングの趣旨は、

とにかく小規模・個人経営者が弱い【売り方】【伝え方】【仕組み作り】

を徹底的に伝えていきます。

 

よく、経営者の方は、「自己投資をする」

という言葉をつかいます。

 

非常に大事な事であり、否定するつもりはありません。

 

しかし、その「自己投資」の投資方法が

明らかに間違っている方が非常に多い!

 

その投資は本人からすればちゃんとした投資なのかも知れませんが、

わたしから見れば【浪費】になってしまっています。

 


昔、こんな経験はないですか?


 

試験前で、勉強をしないといけないとはわかっていても

どうやって、どんな風に勉強すればいいかわからない。

 

野球をやっていて、うまくなりたいけど

どんな練習をすればうまくなれるのかがわからない。

 

このように思い、自分のできる、自分の知っているやり方で

自分なりにやってみる。

でも、なかなか結果につながってこない。

 

こういって経験って誰しも一回や二回はあるかと思います。

 

この原因って、学ぶ方法や、練習方法、本や教材の選び方が

間違っていたからって事がほとんどなんですね。

 

昔違う仕事をしていて、全然自分に合っていないから

現在の仕事に携わり、芽が出て成長したから

現在の環境があるわけです。

 

でも、以前やっていた、自分には合わなかった仕事も

今やってみると、案外出来たりします。

 

これも、当時の学び方が自分に合わなかった事が

原因って事が非常に多いのです。

 

なので、もしあなたが今、小規模や個人で店舗経営をされていて

いまいち自分の納得のいく結果が出ていない、

全然儲からなくて、このままでは潰れてしまう。

 

こんな状況に立っているとすれば、その原因は、

努力の量が足りないんじゃなく、

努力の方向性が間違っているってことです。

 

だって考えてみてください!

 

ある大手企業の経営者が本の中で

「事業の成功は、掃除にアリ!」

って事を言って、それをそのままあなたのお店で

実践したとしましょう。

 

あなたのお店の来客数や、客単価は上がりますか?

 

それよりも、あなたは見込み客に対して

あなたのお店の情報を発信する事の方が

今は大事じゃないですか?


大事なのは情報の種類

 


わたしが言いたいのは、

大企業の大社長が言っている事が間違いだなんて思いません。

でも、それは今すぐほしい情報じゃないってことです!

 

今すぐ実践に移せて、その日に結果が出て、

新たな取り組みに入り、また結果を出す。

この繰り返しで店舗を強くし、

ある程度安定し、今日明日の心配をしなくても

よくなってから、初めて必要になってくる情報なのです!

ですが、あなたの抱えている今の悩みを解決できる

情報ってこの世の中には本当に少ないのが現実です。

 

本屋さんに売られている本。

有名コンサルタントのセミナー。

大手企業の社長塾。

パワーランチや異業種交流会。

 

こういった情報収集法は今のあなたにほとんど

有益なのかというと、そうでは無いことが多いです。

 

でも、自分は努力をしているつもりだから

この事を否定できない。

だから、ずっと間違った自己投資を永遠に繰り返して

結果廃業に追い込まれてしまいます。

 

こういった人の人生経験談をのちに聞くと

「景気が悪すぎて儲かるはずがなかった」

「そもそも場所が悪すぎて儲かるはずがなかった」

「関係者やスタッフの関わった人のレベルが低すぎた」

など、いろんな分析結果を言っていますが。

 

全部間違っています!!

 

その経営者本人の〝やりかた”が間違っていたの一言です。

 

そもそも、そんな情報ばかりあさっていては

結果が出るはずもありません。

 

あなたに一つ考えていただきたい事があります。

 

もし、あなたが本屋さんを経営していたとします。

あなたならどんな本を売りますか?

 

きっと、名の通った、実績のある人の本を置きますよね?

あなたが何もしらない人が書いた、どんな本かもわからない商品を

販売しても売れるとは思えませんよね?

 

あなたが経営コンサルタントだとします。

あなたが経営コンサルタントの時点で、その人は

それなりにいい大学で、経営学を学び、

購買に直結すると言われている心理学を学ぶ。

そして、コンサル事務所を立ち上げてセミナーをする。

 

この時点でこのコンサルは本当の現場を知らないのです。

そして、学歴もなく、なんとか少しの貯金と、少ない出資を

かき集めて作ったお店があり、

コンサルがその経営者と話をしたところで、

この経営者は経営学を学んできたわけではないので、

専門用語や基礎知識すら乏しい。

なら、話にならないって事になるんです。

経営コンサルタントも商売ですから

商売が成り立たないと思ったら

顧問先としても受け入れないでしょう。

 

ようは、こういった小規模・個人経営をされている店舗って

世の中の情報網のふるいに掛けられていて、

本当に今必要な情報が、

実はめちゃめちゃ少ないってことなんです!

 

そういったリアルな悩みをかかえている経営者、

これを読むまでそんな事にも気付いていなかった経営者の方に

本当に必要な情報を発信し、少しでも有益なお話をできればと思い

このブログをはじめました。

 

あなたが抱えている悩みを少しでも解決し、

リアルに結果を手にしていただければと思っております。

 

一緒に成長しましょう!

 

布川理久でした! 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です